×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

当方が所有している AOWの商品をご紹介します。

ジョジョのフィギュアはこちら
他化自在天のフィギュアはこちら


グッドスマイルカンパニー
マックスファクトリー
ガッツ
Griffith 1/6
ホワイトバージョン
【限定10体】
髑髏の騎士 騎乗
白骨彩色Ver.
Gecco
黒い剣士
ガッツ1/6
髑髏の騎士
生誕祭の章
白骨彩色
限定T
完璧な世界の卵付
髑髏の騎士 騎乗
2011Ver.
狂戦士
触手船 限定II
【限定33体】
まず造形は文句なしに素晴らしいです。
大きさ、迫力、重量感など、過去の良質なスタチュー達と比べても抜きん出てます。
限定版には喚び水の剣やクリフォトの住人も付属。
特に喚び水の剣は細部まで良く出来ています。
ベースのオーグルやトロールなども原作通りで再現度は高いです。
ただ残念な事に、髑髏の騎士や馬の甲冑の塗装に関してはあまり好みではないです(^^;
なんだか全体的にのっぺりしているという印象を受けます。
鎧の色がどこも均等なので立体感がなく、カラーもただのシルバーという感じが否めません。
もう少し陰影を追加すれば、見違える程良くなると思うのですが。
もしこのガレージキットが発売されれば、自分好みに一から製作してみたいですね。
*この髑髏の騎士は、製作代行でお世話になっているお客様からお預かりした物です。<br> 髑髏の騎士 騎乗U
1/10スケール
(300体限定)
過去にはなかった、ジオラマベース付のゾッドです。
全幅が510mmもあり、かなりの迫力があります。
個人的にはゾッドTが一番好きなのですが、
造形や塗装面で言えば、このゾッドVの方が上だと思います。
特に口内(牙や舌)の作り込みは過去最高の出来です。
但し、口の開きがゾッドUのように若干横に裂け気味なのが気になりました。
それ以外は特に不満もなく、全体的にクオリティの高い作品だと思います。 ゾッドV
figma
ガッツ
大きさ、造形共に申し分なしの出来です。原作の雰囲気を良く表現しています。塗りも凝っていて、値段以上の価値があると思います。 ワイアルド
1/10スケール
(受注品)
髑髏顔の方は中々良く出来ています。甲冑の中の目もちゃんと塗装されています。狼顔は血の塗装がない方がいいです。この血は全然好きになれません。
狂戦士 胸像
1/10スケール
(200セット限定)
実際間近で見ると思いのほか迫力もあり、良く出来ていると思います。馬の塗装も手が込んでいます。ゾッドの肌はもう少し浅黒い方がいいですね。モズグスは小さい割りに重量があって、持つとズッシリきます。もしこれで3万円台なら買いですね。
ゾッド 戦魔
1/10スケール
(350体限定)
とても楽しみにしていただけに、この完成度の低さには正直驚きました(汗)ポーズは文句なしのカッコ良さなのですが、造型や塗装、表面上の処理に至るまで、かなり雑に作られた印象を受けます。遠めで見る分にはとても良いのですが、近くで見ると荒さが目立ちます。特に馬を覆っている布のグラデーション塗装がエアブラシではなく筆塗りなので、せっかくの高貴なイメージが台無しです。新章版の騎乗と比較すると、遥かに手抜きをしている感が否めません。グリフィスとジュドーの顔の表情も決して良いとは言えません。複数購入して気づいたのですが、個体差で剣が考えられない程歪んでいる物もあります。今の技術でこのような事は考えられません。結論から言って、個人的に4万円は高いかな?と言うのが本音です。 グリフィス乗馬
1/15スケール
(300体限定)
先に発売された1/15のグリフィス乗馬と比べると、幾分こちらの方が出来が良いです。ドライブラシの掛け方も、ドルグリに比べれば丁寧になっています。細かく見ればもちろん荒はあります。例えば兜のベルトが未塗装だったり、鞍の取っ手が間違った位置に付いていたり。ガレキ版のドルガッツを見慣れているせいか、どうしてもそういうところに目が行ってしまいます。あと、肝心な顔が似ていません(汗)キャスカは個体差がありそうですが、可も無く不可も無くです。ジュドー胸像に比べれば格段に良いと思います。結論から言ってこのドルガッツも、価格相応の出来とは言い難い完成度です。
ガッツ乗馬
1/15スケール
(300体限定)
HEADさんの狂戦士と比べると、正直見劣りする箇所がいくつもありますが、造形的には原作の28巻をうまく表現出来ていると思います。ただ、ベースの岩にに力を入れ過ぎているせいか、甲冑の質感やマントの塗りが凄く浮いて見えます。特にマントは、黒一色ではなくもう少しグラデを加えて欲しかったです。それにしても、ミニベル並みに小さいです(汗)火竜は、質感&彩色が素晴らしいです。口の中まで細かく作り込まれていて驚きました。
狂戦士&火竜
(300体限定)
初期作品の名作と言っても過言ではない造形美です。しいと言えば、色は緑ではなく白骨色かシルバーにして欲しかったです。原型師は円応文彦氏。
髑髏の騎士
(通常版)
ゾッド(使途版)の次に大きなサイズです。兜と腕の付け替えが出来ます。とても迫力があり、細部まで良く作り込まれています。限定版には戦魔兵が付属。
グルンベルド
(通常版)
世界最高水準のクオリティーを誇る、60体限定のグリフィス騎乗 限定2です。鎧の色がブルーメタリックパールで、シルバーフェイスのラクシャスが付属します。とにかく細かいところまで完璧に作り込まれています。この最高傑作を当時2万円台で購入できていた事が今では信じられません(笑)
グリフィス新章版
(騎乗:限定2)
このゾッドがスタチューの中で一番大好きです。造形美、サイズ、迫力、どれをとっても100点満点。特に血の表現など、これに勝るものはないと思います。
ゾッドT ウィング
(限定版)
血しぶき塗装
ガッツシリーズの中では、一番ガッツらしさが出ている作品だと思います。鎧の質感や凄みのある表情&ポーズなど文句なし。原型師は円応文彦氏。
ガッツ 生誕祭
(通常版)
シリーズ初となる、第一弾目の狂戦士。ポーズやマントの躍動感が素晴らしいです。付属の1/1ベッチーもリアル過ぎる位良く出来ています。
狂戦士
(限定版T)
血しぶき塗装
ポーズや顔の造型は多少ゾッドTに劣りますが、口の中の作り込みや塗装方法などかなり凝っています。難点は血が平坦でリアリティーに欠けるところでしょうか?しかしゾッドTと一緒に飾ると迫力満点です。
ゾッドU
(限定版U)
血しぶき塗装
限定版には血糊が付いているのですが、この作品の血は立体的で実にリアルです。ポーズも原作に忠実でとても良く出来ています。限定版には重量感あるガンメタ色の『ガッツ:コイン型レリーフ』も付属しています。
ガッツ 魔郡
(限定版)
騎乗シリーズの中で一番好きな作品です。限定版は本体が深緑なのですが、やはり髑髏は通常版のシルバーが似合います。サイズは1/15ですが、実際は馬が かなり大きく造形美を存分に堪能できます。
髑髏の騎士 騎乗
(通常版)
グリフィスシリーズの原点となる作品です。兜の差し替えが出来ます。今までたくさんのグリフィスがリリースされていますが、ポーズ、造型、表情など、この作品が一番良く出来ていると思います。原型師は円応文彦氏。
グリフィス 鷹の団
(通常版)
グリフィスの神々しさを良く表した作品です。ポーズは最高ですが、鎧の質感が少しのっぺりしています。ベースとなる崖の表現はかなり良いです。ちなみに限定版では兜の差し替えが出来ます。
グリフィス 新章
(通常版)
このグリフィスの難点は、とにかく顔が似ていないところでしょうか?(笑)ポーズも棒立ちで生気が感じられません。鎧やマントの塗装はかなり綺麗なのですが・・。フィギュアは何と言っても顔が命。
グリフィス
千年帝国の鷹篇2
(限定版)
初期の頃のシリーズ初となるフェムトです。造型、ポーズ、塗装など、大変素晴らしい出来です。兜の中の表情まで一切手抜きなしで細かく塗り分けられています。
フェムト
(通常版)
ワイアルドと対峙した際の情景を表現した作品です。残念な事に顔があまり似ていません。装飾品などの作り込みは見事ですが、塗りが雑な感じがします。限定版は血しぶきになっているのですが、その血も適当な感じがして、決して良いとは言えません。
ガッツ魔犬
(通常版)
ガッツシリーズの中でも特に躍動感みなぎる作品です。造型や表情は文句ないのですが、唯一マントがかなり重たく感じます。 ガッツ 斬撃
(通常版)
スタチューでは第二弾となるフェムトです。原作に忠実な構図なのですが、出来ればもう少し粘膜のぬめりを再現して欲しかったです。造型や色合いに関しては特に不満はありません。 フェムト誕生
(限定版)
数あるガッツの中でも、特に素晴らしい傑作品です。造型、塗装、ボリュームなど、どれを取っても文句なし。限定版は血しぶき塗装なのですが、この立体的な血も高評価に一役買っています。 ガッツ
ロストチルドレン
(限定版)
原作の1コマを見事に再現した作品です。今までにないグロテスクな表現は、ある意味新鮮さを感じました。スランの繊細な造形美はお見事です。唯一の不満は価格が高めなところでしょうか? ガッツ&スラン
(限定版)

容量の関係で紹介しきれなかったコレクションはこちらに移動しました。